忍者ブログ
無料出会いで退屈なんてね
[5] [4] [3] [2] [1
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

このブログで何度か書いていると思いますが、私が最も好きな風俗はピンサロです。  

今日は、なぜピンサロが好きなのか書いてみたいと思います。

客にとって、払う料金が高くなればなるほど、負けられない戦いになると思います。

料金を払えば払うほど、得ようとする満足感が高くなるのは当然のことですよね。結果、勝利を勝ち取っても、

高いお金を払ってるんだから当然と思う気持ちはあるし、逆に失敗した時はその喪失感たるや半端なものではありません。

じゃあ安い風俗に行けばよいのかというと、話はそう単純ではありません。世の中には、

1万円程度で楽しめる激安ソープや、ヘルス店でも破格の料金で営業しているものがあります。

でも、「自分たちは他よりも安くサービスを提供している」という意識が店の運営者や働く嬢の意識の中にあるのならば、

その料金自体が店の売りになってしまい、サービスで価値を供給することが難しくなります。

平たく言えば、「安かろう悪かろう」になってしまうということです。私は、「安いんだからウダウダ言うなよ」的な態度をとられたことが何度かあります。

なので私は、ソープランドやヘルスを利用する場合、一定水準以上の料金(地域によってその相場は異なる)のお店に行くことにしています。

私の経験上、安い店よりもある程度の料金のお店に行く方が、費用対効果でも満足できることが多かったからです。逆に言うと、

「安かろう悪かろう」店のなんと多いことか。安い料金のお店では、料金以上に安いサービスを受けた場合が多かったのです。

同じ分類に属する複数のお店の中で料金に違いがああれば、高い料金のお店は生き残るための付加価値を付けようとするし、

低い料金のお店はその料金に価値を見出そうとする、これは当然のことだと思います。

ではピンサロはどうなのか。ピンサロは一人当たりの料金よりも客の回転を早めることで成り立っている風俗です。

他の風俗に比べサービスはライトだけど最も料金の低い風俗です。そして、ピンサロにも店によって料金差はありますが、

概ね5000円前後でまとまっており、他の風俗に比べて料金差が小さいのがひとつの特徴です。

他の風俗に比べると料金が安いこともあり、ピンサロ嬢の中には容姿の面でもサービスの面でも、果てはプロ意識の面でも、

「安かろう悪かろう」嬢は多く存在しています。でも、客の立場からすれば、もともと支払う料金が少ないため、そんな嬢にあたっても喪失感が小さいのです。

逆に、思いがけぬ良い嬢にあたった場合、得られる満足感が結構大きいです。しかも、経験上では地雷の確率以上にアタリの確率が高いのです。

今後もピンサロの魅力について書いていきたいと思います。



・記事抜擢


なかなか今日に深い記事でした。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:




カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(10/13)
P R
Designed by
忍者ブログ [PR]